硬式テニスと軟式テニスの違いから選ぶ

  日本でテニスといえば、硬式テニス、そして軟式テニスがあります。硬式テニスはみなさんも知っての通り、硬いテニスボールを使ったもので、有名な大会ではウィンブルドンがあります。また、日本人選手ではエア圭こと、錦織選手が有名ですね。
彼に憧れて硬式テニスを始める小中学生が増えたといった話も耳にします。

そして、軟式テニス、ソフトテニスといったほうが馴染みがあると思いますが、硬式テニスとは違い、ゴム製の柔らかいボールを使ってテニスをおこないます。
このソフトテニスは、世界中でプレイされているスポーツなのか?と思う人もいますが、実は日本独自のローカルスポーツなのです。
日本へ最初に伝わってきたのは硬式テニスだったのですが、硬式球は高額なため、一般の人でもテニスを楽しめるようにするために、安価なゴムを使ったボールが生まれ、それを使ってテニスを始めたのがソフトテニスの始まりだったようです。

最近では、軟式テニスも認知度が高まっており、ソフトテニスの認知度はこれまで日本と一部のアジア地域だっのが、欧米にも伝わりソフトテニスの世界大会も行われるようになりました。

この硬式テニスと軟式テニスの違いは、使用するボールだけではなく、テニスラケットも2つで違いがあり、また競技のルールも違ってきます。

どちらのテニスをするのか決めるためにも、硬式テニスと軟式テニスの違いについて知っておく必要があります。

コンテンツ

Copyright© 2015 テニス初心者、何から始める?テニスの上達法など All Rights Reserved.