テニスはスイートスポットに当てるインパクトが大切

テニスに限らずラケットを使用するスポーツはラケットの中心部つまりスイートスポットにきちんとボールを当てて打つことができるかということが大切になってきます。

ラケットのスイートスポットにきちんと当たらないとボールが思うようなところに飛ばずにうまくコントロールすることが出来ません。バトミントンや卓球ならスイートスポットに当たらなくても力づくでボールを無理やりストロークで押しやることもできますが、テニスぐらいのボールの大きさと質量になるとそういったことも難しくなります。

また、コントロールの面だけでなくスイートスポットに当たらないということはボールからのラケットへの衝撃も大きくなってしまい、いわゆる片手バックハンドのテニスエルボーというひじを痛める症状にもなりがちです。

スイートスポットにインパクトを合わせるにはやはりきっちりをボールを目で追うことが重要です。適当にしかボールを見ないで、ラケットに当たる瞬間まで確認せずにおおよそでラケットを振るのではきっちりとスイートスポットに当たらない癖がついてしまいます。

ラケットに当たる瞬間までボールを見るというのがスイートスポットでボールを捕らえる基本です。スイートスポットにインパクトが合うとコントロールもしやすくまた、打つ力がダイレクトに打ち返すボールにのり、より強力で攻撃的なショットを打つことができるのです。

コンテンツ

Copyright© 2015 テニス初心者、何から始める?テニスの上達法など All Rights Reserved.